ゴールド免許の更新講習を一部オンライン化へ 2022年2月施行

ノートパソコン

警察庁が、「ゴールド免許」を保有する70歳未満の優良運転者が行う免許更新時の講習をオンラインでも講習できるようにした試験運用を行います。

但し、これには以下の条件が必要となります。

①4道県が対象(北海道、千葉、京都、山口)

 警察庁は、この4道府県を選んだ理由について「試行を実施するうえでの地域バランス、都道府県ごとの優良運転者講習の受講者数といった点を考慮した」としています。

②本人認証のためにマイナンバーカードが必要

 受講者は各道府県警のホームページから専用サイトにアクセスし、マイナカードに記録されている署名用電子証明書の暗証番号(6~16文字の英数字)を入力。スマートフォンなどでカードを読み取り認証を受ける必要があります。

オンライン化により講習の動画をスマホなどで好きな時に視聴できることが利点です。
早送りはできない仕様となりますが、再視聴や一時停止も可能だとのこと。動画は3つの章に分かれ、各章ごとに受講者が自分の顔写真を送信します。自動の顔認証は行われず、警察職員が事後的に目視で免許証の顔写真と照合し、本人による受講を確認する仕組みとなっています。

また、オンラインで講習を受けても、適性検査や新免許証の写真撮影、交付のため免許センターなどを訪れる必要があり、現状の手続きと変わらないとのことです。
受講者に対しアンケートなどで課題を洗い出し、運用方法を模索するとのことです。またマイナンバーを使用するという事でセキュリティ対策に対する問題の懸念も指摘されており、課題は山積みのようです。

最終的には2024年度末の全国実施を目指す方針という事で、利便性向上に期待を持ちたいと思います。

関連記事

  1. 高速道路 特殊車両の通行手続きがオンライン申請で即時通行可能になります。
  2. ネコ暖房 車の暖房
  3. 車校日記アイキャッチ リベンジ車校漂流記~第1回「こんどこそは!」~
  4. 車の運転 車の買い替えタイミング
  5. 車校日記アイキャッチ リベンジ車校漂流記~第3回「慣れてくると違って見える」~
  6. 警察庁 白ナンバーの営業車もアルコール検査義務化へ⑥
    ~使用義務化…
  7. TOYOTAのEV説明会 EVは好きですか?嫌いですか?
  8. 車校日記アイキャッチ リベンジ車校漂流記~第2回「怖~い質問」~
PAGE TOP