INFORMATION

白ナンバーの営業車もアルコール検査義務化へ

警察庁は、一定台数以上の白ナンバー車を保有する事業者へ、運転前の「点呼」や「アルコールチェック」を義務化する道路交通法施行規則の改正案を発表し2022年4月の施行を目指す。

道交法にて「安全運転管理者選任事業所」として規定されている企業や団体が対象となる。
安全運転管理者選任事業所とは、乗用車なら5台以上、定員11名以上の車両なら1台以上を保有している事業所のこと。条件に当てはまる事業所は、安全運転管理者を選任して警察に届け出し、クルマを運転する従業員に対して、交通安全教育を実施し、運行管理する義務がある。

■白ナンバー事業所に義務化される内容と罰則

【安全運転管理者の業務】

・運転の前後に、運転者に対して目視およびアルコール検知器を使用して酒気帯びの有無を確認すること。

・目視およびアルコール検知器による確認の記録をデジタルデータや日誌等で1年間保存すること。

・正常に機能するアルコール検知器を常備すること。

「飲んだら乗るな」という合言葉をもとにクルマの運転をするなら飲まない。また翌日にクルマを運転する予定があれば、それを考慮した飲酒時間、飲酒量を心がける。これらは当たり前のことではありますが、いまだに悲惨な事故があるのも事実です。今回の義務化にあわせて再度認識が必要と考えます。

PAGE TOP